安心・信頼の終活。家族信託は司法書士にお任せ。無料相談、契約後フォロー、他士業との連携あり
終活=遺言作成は間違い。家族の事を考えるなら家族信託を。
認知症になると様々なトラブルが。終活するなら家族信託について知る必要あり
・口座凍結・1円単位で報告書を作成し審査が必要に・本人のものを買うのも裁判所の審査が必要になる認知症。終活するなら家族信託まで考えるのが大切
ただでさえ認知症の介護は大変なのに家族のルールや判断に第三者が介入することに。終活で家族信託をしないととても大きな負担をかけることになります。
認知症になると成年後見制度が必要に。終活するなら家族信託が大切。
あなたの財産は保護という名のもと裁判所が管理。終活で家族信託をしておかないと大きな負担に。
終活で家族信託をしておかないと孫のお年玉もあげられなくなるかもしれません。
毎年あげていた孫へのお年玉も裁判所の審査でNGになる可能性も。家族が何かしたいと思う度に裁判所へ報告が必須に。終活で家族信託をしていないと家族に大きな負担がかかります。
成年後見人は家族がなれない可能性大。ほとんどが司法書士など第三者が選出。家族信託や終活を考えるならまずはプロに相談。
まだ大丈夫と思っていませんか?終活や家族信託を考えるのは余裕を持って。
85歳の55%は認知症。将来的に3人に1人が認知症になると言われている。終活するなら早めに家族信託も考えるのが大切。
認知症になるのが早いとその先数十年介護の日々に。終活で家族信託をしておかないとその数十年他人が家族の決めごとに口を出してくることに。
亡くなった後のことだけを考える時代は終わり亡くなる前の家族を考慮する時代に。今の終活には家族信託もとても重要です
家族の負担を減らす方法なら家族信託。終活を考えるなら知っておくべき制度です
家族信託とは財産を管理運用処分できる権利を家族に渡すことができる契約。終活でこれをしておけば認知症になっても家族が財産の管理運用処分を裁判所の審査なしで行えます
終活で家族信託をしていない場合資産が凍結される
終活で家族信託をすれば認知症になっても家族が資産を管理運用処分でき資産凍結もされない
成年後見制度との違いは財産管理者を当事者で選べること。信頼できる家族に資産の管理を任せられます。終活をするなら家族信託まで考えるのが重要
司法書士による家族信託の提供サービス。終活を考えるなら無料相談を。
終活で司法書士の家族信託提供サービスが選ばれる3つの理由
終活・家族信託の初回相談無料。長時間・依頼いただけなかった場合も無料です。
家族信託に必要な手続きが全て完結。終活するなら司法書士にご相談を。
契約後の不安や手続き完了後の相談は全て無料。終活で家族信託を考えるなら司法書士にご相談を。
終活の家族信託パック料金
終活の家族信託実費具体例
終活の家族信託その他の費用
終活の家族信託パックに含まれる手続き内容
家族信託スキーム立案から信託口口座開設まで対応。終活するなら司法書士にご相談を。
終活の家族信託の注意
終活の家族信託で無資格者への依頼によるトラブルが増えています
・契約書の間違い・信託口座の開設を銀行に拒否される・信託登記に不備があるなど終活の家族信託のトラブルが急増中
無資格者に家族信託による口座開設を依頼しても口座開設できない可能性あり。終活の家族信託は司法書士に依頼を。

アクセス

住所:埼玉県川越市東田町9-47
※東武東上線・JR川越線 川越駅徒歩10分 (川越ロヂャースそば)
※事務所の前に駐車場がございます。(普通車1台)

注意。認知症になると家族信託制度は使えません。終活はお早めに相談ください。
認知症になった後や最低限の意思能力を欠く状態になってからでは家族信託の契約はできません。終活するならお早めに司法書士に相談を。
1日も早い終活準備・家族信託が家族の安心に繋がります

予約・お問い合わせ​

「1時間以上の相談」や「ご依頼いただけなかった場合」でも相続の相談料は一切いただいておりません

住所:埼玉県川越市東田町9-47
※東武東上線・JR川越線 川越駅徒歩10分 (川越ロヂャースそば)
※事務所の前に駐車場がございます。(普通車1台)

メールでお問い合わせ​

    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意ご予約希望日
    任意ご予約希望時間
    任意ご相談内容


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    終活=遺言作成は間違い。家族の事を考えるなら家族信託を。
    認知症になると様々なトラブルが。終活するなら家族信託について知る必要あり
    ・口座凍結・1円単位で報告書を作成し審査が必要に・本人のものを買うのも裁判所の審査が必要になる認知症。終活するなら家族信託まで考えるのが大切
    ただでさえ認知症の介護は大変なのに家族のルールや判断に第三者が介入することに。終活で家族信託をしないととても大きな負担をかけることになります。
    認知症になると成年後見制度が必要に。終活するなら家族信託が大切。
    あなたの財産は保護という名のもと裁判所が管理。終活で家族信託をしておかないと大きな負担に。
    終活で家族信託をしておかないと孫のお年玉もあげられなくなるかもしれません。
    毎年あげていた孫へのお年玉も裁判所の審査でNGになる可能性も。家族が何かしたいと思う度に裁判所へ報告が必須に。終活で家族信託をしていないと家族に大きな負担がかかります。
    成年後見人は家族がなれない可能性大。ほとんどが司法書士など第三者が選出。家族信託や終活を考えるならまずはプロに相談。
    まだ大丈夫と思っていませんか?終活や家族信託を考えるのは余裕を持って。
    85歳の55%は認知症。将来的に3人に1人が認知症になると言われている。終活するなら早めに家族信託も考えるのが大切。
    認知症になるのが早いとその先数十年介護の日々に。終活で家族信託をしておかないとその数十年他人が家族の決めごとに口を出してくることに。
    亡くなった後のことだけを考える時代は終わり亡くなる前の家族を考慮する時代に。今の終活には家族信託もとても重要です
    司法書士による家族信託の提供サービス。終活を考えるなら無料相談を。
    終活で司法書士の家族信託提供サービスが選ばれる3つの理由
    終活・家族信託の初回相談無料。長時間・依頼いただけなかった場合も無料です。
    家族信託に必要な手続きが全て完結。終活するなら司法書士にご相談を。
    契約後の不安や手続き完了後の相談は全て無料。終活で家族信託を考えるなら司法書士にご相談を。
    終活の家族信託パック料金
    終活の家族信託実費具体例
    終活の家族信託その他の費用
    家族信託スキーム立案から信託口口座開設まで対応。終活するなら司法書士にご相談を。
    終活の家族信託の注意
    終活の家族信託で無資格者への依頼によるトラブルが増えています
    ・契約書の間違い・信託口座の開設を銀行に拒否される・信託登記に不備があるなど終活の家族信託のトラブルが急増中
    無資格者に家族信託による口座開設を依頼しても口座開設できない可能性あり。終活の家族信託は司法書士に依頼を。
    注意。認知症になると家族信託制度は使えません。終活はお早めに相談ください。
    1日も早い終活準備・家族信託が家族の安心に繋がります

    アクセス

    住所:埼玉県川越市東田町9-47
    ※東武東上線・JR川越線 川越駅徒歩10分 (川越ロヂャースそば)
    ※事務所の前に駐車場がございます。(普通車1台)

    予約・お問い合わせ

    「1時間以上の相談」や「ご依頼が無かった場合」でも相続の相談料は一切いただいておりません

    住所:埼玉県川越市東田町9-47
    ※東武東上線・JR川越線 川越駅徒歩10分 (川越ロヂャースそば)
    ※事務所の前に駐車場がございます。(普通車1台)

    メールで問い合わせ

      必須お名前
      必須メールアドレス
      任意ご予約希望日
      任意ご予約希望時間
      任意ご相談内容


      このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

      会社概要

       名称

      知久司法書士事務所

      代表者

      知久 博

      設立

      平成元年 7月

      営業時間

      平日9時から19時
      (緊急時土日対応可能/夜間相談も受付)

      所在地

      埼玉県川越市東田町9-47

      アクセス

      東武東上線・JR川越線 川越駅徒歩10分
      ※川越ロヂャースそば

      TEL

      0120-556-093

      049-245-2775

      FAX

      049-241-4568